Columnコラム

【人材育成】ウェイマネジメントの役割とは

UPDATE:2019/06/11

ウェイとは、「企業理念や価値観などをまとめた総称(その企業らしさ)」を言います。
主に次の3つを含みます。
■ミッション・・・企業の果たすべき社会的な使命
■バリュー・・・ミッションを達成するために必要となる価値観、優先順位付けの判断基準
■ビジョン・・・ミッションを達成する過程としての具体的なあるべき姿(3~5年後の目標)

 

ウェイを明確にし浸透させることで期待される効果
・価値観(判断基準)の共有
・ 事業の社会的意義・ビジョンの共有
・企業文化の醸成と働く意味・モチベーションの共有
・ コミュニケーションの共通言語化・スピードアップ
・ 求める人物像の明確化、採用や人材育成の基準作成
・ 人事評価の納得性の向上
・ サービスレベル(顧客接点)、イノベーションへの展開

 

ウェイ導入への6つのステップ
① 事業環境の分析、事業課題の整理
② 経営の歴史・経営者の想いの整理
③ 従業員の価値観・想いの整理
④ ウェイの言語化、整理(プロジェクトで行う事が多い)
⑤ 合意形成と社内への浸透
⑥ ウェイの浸透策(ツールやワークショップ)、人材育成、人事評価、他の制度への展開

 

ウェイ浸透には、認知⇒理解⇒共感⇒行動⇒制度化⇒定着、というステップが必要とされ、ウェイ作成(着手)から考えると、2年~3年かかるプロジェクトとなり、時間と投資も必要となります。しかし変化の激しい5年後、10年後の効果を考えると、急がば回れ、避けて通れない重要な経営判断と考えます。
導入方法、それぞれの進め方についてはお問い合わせください。

 

 

 

【コンサルタントプロフィール】

wada 和田一男
(株式会社ブレインパートナー 代表取締役 組織変革・営業変革コンサルタント)
北海道小樽市出身。(株)ヒューマン・キャピタル・マネジメント取締役。大学卒業後、1985年(株)リクルート入社。2000年独立し、(株)ブレインパートナー設立、代表取締役就任。経営力強化、実行力強化支援、営業力強化コンサルティング、実行機能としての組織構築、組織変革コンサルティング、人材育成、人事評価制度構築、目標管理制度運用支援を行っている。著書「30歳からの営業力の鍛え方」(かんき出版,2006年)、「ドラッカー経営戦略」(明日香出版社,2012年)

 

コラム一覧

Columnコラム

2019/06/11
【人材育成】ウェイマネジメントの役割とは
2019/06/06
【人材育成】ウェイマネジメントの重要性
2019/03/29
【人材育成】効果的な個人面談
2019/03/15
【組織強化】中小企業、成長のための基本原理 ⑤マネジメント力向上
2019/03/08
【組織強化】中小企業、成長のための基本原理 ④組織変革の進め方

コラム一覧

PAGETOP